サラリーマンに向く、糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットは、数あるダイエット法のなかでもサラリーマンにとても向いているといわれています。

なんといっても、食べる量やお酒の量をあまり変える必要がないのに、着実なダイエット効果が得られるからです。
仕事で忙しい中で、一品ごとにカロリー計算するというのは現実的ではなく、そのためにカロリーカットを中心としたダイエットに挫折した人も多いはずです。しかし、糖質制限ダイエットなら言葉通り「糖質」を意識して減らすだけで体重を落とすことができます。糖質制限を厳しく守ったアプローチをすれば1週間で1キロから5キロ程度はストンと落ちるといわれています。

糖質を控えるために一番大切なのが、普段の食事の中でどの食べ物に糖質が多く含まれているかを知ることです。

真っ先に避けなければならないのは、炭水化物砂糖類です。
ごはんやパン、麺類とともに、ついつい手が伸びてしまいがちなお菓子も糖質たっぷりの食品なので思い切って手放します。
たとえば、茶碗1杯分のごはんには糖質が55gも含まれています。
主食であるごはんやパンは、エネルギーになりやすい栄養素が大半なので、ダイエットのために思い切って避けなければなりません。

一方、炭水化物や糖類のほかは、基本的に好きなだけ食べて大丈夫です。
野菜はもちろんですが、一般にはダイエットで控えるべきと考えられている肉や魚も、自由に食べることができます。

ダイエットで一番注意したいリバウンドは、日々続く空腹感によって起こりますが、糖質食品以外の食べ物をしっかり食べることができる糖質ダイエットなら、リバウンドもしにくいといわれています。

また、サラリーマンにつきもののお酒の付き合いも避ける必要がありません。
糖類の多いビールや日本酒は避けて、早いうちからワインや焼酎にすれば糖類をセーブすることができます。しかも、焼酎やウイスキーといった蒸留酒は、糖質量が0gなのでダイエットにぴったりのアルコールです。

 

2014年4月16日 サラリーマンに向く、糖質制限ダイエット はコメントを受け付けていません。 糖質制限ダイエット