糖質制限ダイエットの注意点

糖質ダイエットには即効性があるぶん、安全性を疑問視する専門家もいます。
炭水化物に代表される糖質を一気に制限することは、体内のバランスを崩し、最悪の場合、寝たきりになるケースも報告されています。とくに肥満を心配したり、健康診断の結果、医師から痩せるように指摘された高齢者の間で、体調を崩してしまう人が続出しているようです。

糖質制限ダイエットは、ご飯やパンをはじめイモ類やフルーツといった日頃からよく食べている糖質の豊富な食品をセーブするというものです。一日130g以下の摂取量が目安といわれています。

しかも、糖質を避けることさえ気をつければ、その他の食べ物は何を食べても良いだけでなく、食事量も気にすることがないのが取っ付き易くさせています。
ただし、糖質制限ダイエットが考案された背景には、糖尿病患者や極度の肥満者が食事管理を治療の一環としたものです。糖質を制限するあまり、健康な成人にはただ痩せるというのを通り越して、体調不良にまで進む危険性もあります。

糖質制限ダイエットでとくに心配されるのが、体重が落ちるのとともに筋肉や骨が痩せていくということです。
半年から一年単位で続けた人の中には、体重が減ったものの筋力が低下してこけやすくなったり、ちょっとした転倒で骨折したりする人も現れました。
糖質を制限し過ぎると、脳で消費するエネルギー源や全身に酸素を送り届ける赤血球のエネルギー源が不足します。

さらに、外からの糖質の代わりに肝臓がタンパク質を糖に変化させる役割を担うのですが、そのタンパク質は、少し肉を増やしたぐらいではまかないきれないぐらいの量が必要となります。
こうした悪循環の結果、筋肉が痩せていき先ほどのように体重も筋力も減ってしまう怖い結果になるのです。

糖質制限ダイエットはたしかにダイエット効果の高いアプローチです。
しかし、いくら痩せられるからといって、完全に糖質を遠ざけてしまうようなやり方はおすすめできません。
一日のうち一食だけの糖質制限にしておくとか、一日の全体量を考えながらバランスよくダイエットしていくことが求められます。

 

 

2014年4月16日 糖質制限ダイエットの注意点 はコメントを受け付けていません。 糖質制限ダイエット