糖質制限ダイエットとは?

これまで一般的だった栄養学の観点から考えられたカロリー制限ダイエットに変わってメジャーになりつつあるのが、糖質制限ダイエットです。
糖質カットに着目したシンプルなダイエット方法として、手軽に普段の食生活へ取り入れることができるため、とても人気が集まっています。

糖質制限ダイエットのポイントは、大きくいってしまえば「糖質をできるだけ取らないようにする」という、ただそれだけです。

太りやすい人に限らず、人間にとって一番の好物は糖質です。甘いものがこれほど食生活の中にあふれている時代は、人類史上初めてのことでしょう。

糖質といっても、単に砂糖やお菓子類だけではなく、体内で糖質に変わる炭水化物も含まれます。
たとえば、ダイエットのリバウンドでも心配されるどか食いで、一番の食べ過ぎてしまうのがごはんやパン、麺類といった炭水化物の食品です。もちろん、肉類や魚、野菜を大量に食べ過ぎて太ってしまうことはありますが、おかずが増えるにつれて、ついつい食べ過ぎになってしまうのが白いごはんやパンだからです。

糖質制限ダイエットは、腹いっぱい満たしたいという人間本来の欲求はひとまず置いておいて、糖質のかわりにビタミンやミネラル、タンパク質や脂質の食品は多めに食べても構わない、というのが、カロリーカットダイエットとの大きなちがいです。

したがって、一つ一つのおかずや食品のカロリーを計算したり、一日のトータル摂取カロリーを心配しながら食べる必要がないので、気楽にダイエットをスタートすることができます。

糖質カットに焦点を当てているので、初心者であれば白ごはんの調整から始めるとよいでしょう。それまでおかわりを多くしていたのなら、1杯分控えたり、量を少なめにしていきます。
また、うどんやラーメンといった麺類は手軽に食べられるぶん量を過ぎてしまう傾向が強いので、なるべく量を調整しやすい白ごはんやパンに切り替えてみましょう。