糖質について

食べ物の中で一番太りやすい栄養素といわれているのが、糖質です。糖質は、とくに炭水化物に多く含まれています。

なぜ、糖質の摂取量をコントロールすると、ダイエットしやすい体に変わっていくのでしょうか?それには、インシュリンという体内の物質が関わっています。

糖尿病の治療でよく耳にするインシュリンは、血糖値をコントロールするために分泌されるホルモン物質です。
炭水化物を摂取して糖類が体内で吸収されると、血液中の糖分の割合が増加します。つまり血糖値が上昇するのです。このままでは体に大きく負担を掛けてしまうため、血糖値を抑制するインシュリンが出ます。

インシュリンには血糖値を下げる効果に加えて、体内のエネルギーに使われず余ってしまった糖質を中性脂肪にしてくれる作用もあるため、余分な糖質がぜい肉にならないようにしてくれます。
人間の体なので、いくらインシュリンが分泌されるからといって、どんどん糖質を摂取していると、いずれ自前では処理しきれないほどの糖質量を抱えてしまいます。

健康な体に導くためには、糖質をできるだけ摂取しないようにして、インシュリンが中性脂肪となったり、ぜい肉が摂取した糖質の代わりに使われるようにしてやると、スムーズなダイエットができるようになります。

糖質制限ダイエットをうまく進めるためには、まず普段の食生活の中でどういったものが糖質であるか、の知識を得ておくことが大切です。

炭水化物が糖質の基本とはいっても、ごはんやパンぐらいしかなかなか思いつかないと思います。意外にイメージだけで糖質かどうかを考えていることも多いので、ダイエットを始める前にきちんとおさらいしておきましょう。

糖質制限ダイエットの最大のメリットは、食べるのを我慢したり、運動を取り入れなくても、ダイエット効果を得られるということです。

人間の体には、常に基礎代謝によって食事から摂取した糖類が燃焼しています。
糖類をできるだけカットすれば、体内に保有している内臓脂肪や皮下脂肪からエネルギーを摂ろうとしますので、これまで通りの生活のまま痩せることができます。